露情報機関、アメリカ議員に「ウクライナの愛国者」の名義でメールを送っていた:ワシントン・ポスト

露情報機関、アメリカ議員に「ウクライナの愛国者」の名義でメールを送っていた:ワシントン・ポスト

ウクルインフォルム
2015年、複数の米国議員が「ウクライナの愛国者」グループをかたる者から、「ウクライナを救って欲しい」等といった内容のメールを受け取っていた。調査の結果、その書簡は、ロシア連邦軍参謀本部総局(通称GRU)が関与していたものであり、米国の対ウクライナ制作に影響を与えようとしたものであった。

28日、ワシントン・ポスト紙が米国のインテリジェンスにもとづいて報じた

同報道では、2015年2月、ウクライナ東部の紛争が始まってから2年目、10数名のアメリカ議会議員が、「ウクライナの愛国者」グループに属すると自称する人物から電子メールを受け取っていたとのこと。

その初級英語で書かれたメールには、「アメリカ上院下院の議員の方々!現在、ウクライナ情勢はとても悪い。ウクライナは戦争状態にある。ウクライナ軍の汚職のレベルは甚大だ。高級将軍は、テロリスト達に武器を売っている」と始まる。

そして、ウクライナを「救って欲しい」との請願が含まれる。その文書には、アメリカ議員に対して、「経験のあるアメリカやNATOのスペシャリスト」をウクライナの司令部の代わりとすべく、ウクライナに送って欲しいと呼びかけられている。

請願には、「私たちは、ウクライナ軍への直接コントロールを確立するために、あなた方がホワイトハウス、国防省、国務省に影響を及ぼし、ウクライナに西側将校を派遣できるようになることを期待しています」と書かれていると伝えられた。

ワシントン・ポスト紙が情報源から得た話では、このメールは、ロシアのGRUがアメリカの政治家の意識に対して影響を与えようとした最初の試みであるとのことであり、ロシアの情報機関は、ウクライナ人のモラルを破綻させることと、アメリカの政治家に「ウクライナ人は自国軍の信用を失っている」と思わせようとする、という二つの目的があったのだろうと書かれている。

なお、ワシントン・ポストは、アメリカ議員はこのメールについて対応しなかったと強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-