世論調査:ウクライナ正教会独立問題によりポロシェンコ大統領の支持率増

世論調査:ウクライナ正教会独立問題によりポロシェンコ大統領の支持率増

ウクルインフォルム
「民主イニシアティブ」が実施した大統領選挙を想定した世論調査の結果、最も支持率が高いのは引き続きティモシェンコ祖国党党首で約16%、またポロシェンコ大統領の支持率も約14%まで上昇した。

28日、「民主イニシアティブ」基金のイリーナ・ベケシキナ総裁が同基金とシンクタンク「ラズムコフ・センター」が共同で実施した世論調査結果のプレゼンテーション時に発表した。

ベケシキナ総裁は、「大統領選挙で投票するつもりがある人のうちの16.1%は、ユリヤ・ティモシェンコ(祖国党党首)に投票すると回答した。その次は、ペトロ・ポロシェンコ(大統領)で、支持率が最近上昇し、13.8%。私は、この上昇はトモス関係の出来事で説明されると考えている(編集注:トモスとは、正教会が交付する文書のことで、ウクライナ正教会の独立問題を意味する)」と述べた。

発表された結果(投票する意思のない人を除いた結果)は以下のとおり(数字は、%)。

ユリヤ・ティモシェンコ(祖国党党首)      16.1

ペトロ・ポロシェンコ(大統領)         13.8

ヴォロディーミル・ゼレンシキー(コメディアン)  8.8

ユーリー・ボイコ(「野党・生活」推薦)      8.4

オレフ・リャシュコ(急進党党首)         6.9

アナトリー・フリツェンコ(国民の立場党党首)   6.8

イェウヘン・ムライェウ              3.1

オレクサンドル・シェウチェンコ          2.9

スヴャトスラウ・ヴァカルチューク(歌手)     2.6

アンドリー・サドヴィー(自助党党首、リヴィウ市長)2.4

投票先未定                   13.1

今回の世論調査「2018年総括」は、12月19日〜25日に、クリミアとドネツィク・ルハンシク両州被占領地域を除くウクライナ全土の有権者に対して実施されたもので、回答者数2017人。理論的誤差は±2.3%とのこと。

詳細結果は、こちらに掲載されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-