露占領者、クリミアと大陸側の間に柵を設置

露占領者、クリミアと大陸側の間に柵を設置

ウクルインフォルム
ロシアが占領するクリミア北部の大陸側ウクライナとの行政境界線に、柵が設置された。

28日、ロシアのリア・ノーボスチ通信がロシア連邦保安庁(FSB)クリミア国境局の発表を伝えた。

発表によれば、ペレコープ地峡における柵の設置は「予定されていた」ものであるとし、柵には高度なシグナル・センサー・システムが備えられているとのこと。

FSBは、数種のセンサーが数百取り付けられており、目視できるものとできないものがあると説明した。

柵の全長は、50キロメートル。設置費用は、2億ルーブル以上だったと書かれている。

占領政権は、今回の柵の設置で「半島の安全」が保障されることが計画されていると指摘した。

写真:露FSB


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-