角日本国大使、クリミア問題に関し「力によって物事を変更するのは決して認められない」

角日本国大使、クリミア問題に関し「力によって物事を変更するのは決して認められない」

ウクルインフォルム
日本は、ロシアによるクリミア違法「併合」が続く限り、対露制裁を継続する。

角茂樹駐ウクライナ日本国特命全権大使がウクルインフォルムへのインタビューで発言した。

角大使は、「ロシアが発表したクリミアの『併合』を、日本は認めておりませんし、今後とも認められないという立場です。だからこそ、このクリミア問題が解決しない限り、クリミア不承認に関連した対ロシア制裁は続けていく、というのが日本の方針です。これは、力によって物事を変更するのは決して認められないという、日本の外交の原則に基づいたものです」と説明した。

また、角大使は、クリミア問題は日本にも関係あることだと述べる。「実は、これは日本にも大きな関係があることなんです。日本の周辺を見れば、東シナ海等の地域で、力でもって現状を変更するという試みが見られるわけです。日本は、これにもちろん反対しております」と大使は説明し、最後に、クリミア問題とアジアの問題につき、「これらのことは離れているように見えて、繋がっていることです」と補足した。

角茂樹駐ウクライナ日本国特命全権大使のインタビューの全文はこちら


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-