EU、経済セクターの対露制裁を延長

EU、経済セクターの対露制裁を延長

ウクルインフォルム
12月21日、欧州連合(EU)理事会は、ロシア経済の特別なセクターを対象とする制裁を、2019年7月31日まで延長した。

EU理事会の公式ウェブサイトに公表された

今回の決定は、12月13、14日、ブリュッセルでの欧州理事会会合において、フランスのマクロン大統領とドイツのメルケル首相が、この対露制裁と関係するミンスク諸合意の履行状況を報告した後に採択されていたもの。履行に進展が一切ないことを根拠に、欧州理事会は、対露経済制裁を延長する決定を採択していた。

EU理事会は、文書上の手続きを通じて今回の決定を採択した。

同制裁は、財政分野、エネルギー分野、防衛分野、デュアルユース品目関連分野が対象となっている。この経済制裁が最初に発動したのは、2014年7月31日であり、ロシアによるウクライナ東部情勢を不安定化させる行動に対して科されたものであり、2014年9月に強化されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-