ウクライナ、被占領下ケルチ市へのOSCE監視ベースの設置を提案

ウクライナ、被占領下ケルチ市へのOSCE監視ベースの設置を提案

ウクルインフォルム
マルチューク三者コンタクト・グループ(TCG)ウクライナ代表は、ミンスクにおける協議にて、被占領下クリミアのケルチ市に欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ特別監視団(SMM)の恒常監視ベースを設置することを提案した。

19日、ヘラシチェンコTCG人道問題作業部会ウクライナ代表がフェイスブック・アカウントに書き込んだ。

ヘラシチェンコ代表は、マルチューク氏が同日のTCGで、SMMのマンデートがウクライナ全土に及び、クリミア半島やウクライナ・ロシア間国境地点も含むことを喚起し、ケルチ海峡、アゾフ海、黒海の海上監視を速やかに開始するよう提案したと説明した。

また、ヘラシチェンコ代表は、ウクライナ代表団はTCG及び各作業部会において、12月17日に国連総会で決議が採択されたことを指摘し、アゾフ海、黒海、ケルチ海峡の非軍事化を要求したことを明らかにした。同代表によると、ウクライナ側が、前回のTCG会合の際に、アゾフ問題を提起しウクライナ海軍軍人の解放を求めると、ボリス・グルイズロフTCGロシア代表は、協議会場を出て行ったが、今回は同ロシア代表は出席もせず、別の人物が出席したとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-