ロシアは、捕虜にした宇船員をウクライナへの圧力へ使いたがっている:米特別代表

ロシアは、捕虜にした宇船員をウクライナへの圧力へ使いたがっている:米特別代表

ウクルインフォルム
ロシアが被拘束者交換を拒否し、ウクライナ海軍軍人を捕虜にし続けているのは、同国が彼らをウクライナに対する政治的圧力として利用したがっていることを示している。

17日、ヴォルカー米国務省ウクライナ問題特別代表がブリュッセルにおけるオンライン・ブリーフィングで発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ヴォルカー特別代表は、「私の知る限り、ウクライナには捕虜交換を進める準備があるし、ポロシェンコ大統領はそのことにつきプーチン大統領と協議しようとしている。しかしながら、ロシアがそのような交換に今のところ関心を有していない」と指摘した。

また、関連して、同特別代表は、ロシアがケルチ海峡付近で拘束したウクライナ艦船の船員については、「ロシアはこれら被拘束者を捕虜としてウクライナ政府に対する政治的圧力のために利用したがっているのだと思っている。不快なことである」と発言した。

なお、これまでの情報では、ヘラシチェンコ最高会議(国会)第一副議長が、19日の三者コンタクト・グループ(TCG)会合において、ウクライナ側は66名の武装集団構成員を恩赦で解放する代わりにウクライナ国民捕虜19名の解放を求めていき、また、ウクライナ国内ロシア国民受刑者23名とロシア国内ウクライナ国民政治囚23名の交換も求めていくと発言していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-