ロシア治安機関、クリミア・タタール人活動家を拘束:メジュリス代表発言

ロシア治安機関、クリミア・タタール人活動家を拘束:メジュリス代表発言

190
ウクルインフォルム
ウクライナ大陸側から被占領地クリミアへの入域の際、ウクライナ国民であるクリミア・タタール人活動家のエデム・ベキロフ氏がロシア連邦保安庁(FSB)職員に拘束された。

12日、クリミア・タタール民族代表機関「メジュリス」代表であり、最高会議(国会)議員のレファト・チュバロフ氏がフェイスブック上で伝えた。

チュバロフ代表は、「2018年12月12日、(へルソン州)チョンハルからクリミアへの入域の際、1961年生まれ、へルソン州ノヴォオレクシーウカ在住のウクライナ国民、クリミア・タタール人のエデム・ベキロフ氏が拘束された」と書き込んだ。チュバロフ代表のその他の書き込みには、拘束がFSBにより行われたことが記されている。

また、チュバロフ代表は、ベキロフ氏はクリミアに暮らす78歳の母親と親族に会うためにクリミアを訪れるところだったと述べた。

拘束されたのは、12日午前8時30分頃で、占領政権側のパスポート・コントロールを通過しようとしているところだったとのこと。

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-