「ヒズブ・タフリール案件」被拘束者のクリミア住民5名が露ロストフ州へ移送

「ヒズブ・タフリール案件」被拘束者のクリミア住民5名が露ロストフ州へ移送

92
Ukrinform
「ヒズブ・タフリール案件」のシンフェローポリ・グループと称される5名のクリミア住民が、被占領下クリミアの拘置所から、ロシアのロストフ・ナ・ドヌー市へ移送された。

6日、弁護士の言葉を市民団体「クリミアの連帯」がフェイスブックで伝えた。

投稿には、「本日、2018年12月6日、シンフェローポリの『ヒズブ・タフリール案件』の5名は、ロストフ・ナ・ドヌー市の拘置所へ移送された」と書かれている。

弁護士達は、12月3日に、裁判が行われ、北コーカサス軍管区裁判所が、テムル・アブドゥライェフ、ウゼイル・アブドゥライェフ、エミリ・ジェマデノフ、アイデル・サレジノフ、ルステム、イスマイロフの5名の拘束機関を2019年2月27日まで延長し、ロシア国内に移送する決定を下していた。

次回の裁判は、12月14日とのこと。

なお、この5名は、2016年10月12日、クリミアのシンフェローポリ市カムヤンカ地区とストロホニウカ地区にて、クリミア・タタール人の自宅に家宅捜索が入った際に拘束され、その後「テロ活動」関与の容疑がかけられているもの。5名とも容疑を否定している。

また、現時点で、クリミアから移送されたグループは4つ目。最初の「セヴァストーポリ・グループ」は、既に偽の断罪「テロリズム」で実刑判決を受けている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.uaへのハイパーリンクは第一 段落より上部にすることを義務付けています。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、 ukrinform.uaからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のペー ジにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2018 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica
詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-