国会、ロシアとの友好条約の効力停止の決定を採択

国会、ロシアとの友好条約の効力停止の決定を採択

139
Ukrinform
6日、最高会議(国会)は、大統領提出法案「友好協力パートナーシップ条約の効力停止」を採択した。

同法案は、最高会議議員277名の賛成にて採択された(過半数は226)。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

同法によれば、この友好条約の効力が2019年4月1日に停止されることになっている。また、同法には、同条約の停止により、ロシア側からの同条約第40条への長期にわたる決定的な違反行為の観点から、国際関係上のウクライナの国益を然るべく効果的に保護することが可能になるとの予想が含まれている。

なお、これまでの報道にあるように、9月17日、ペトロ・ポロシェンコ大統領は、ウクライナ・ロシア間友好条約の効力停止に関する国家安全保障国防会議(NSDC)の決定を発効する大統領令に署名をしていた。

このウクライナ・ロシア間友好協力パートナーシップ条約は、1997年5月31日にキーウ(キエフ)で署名されたもの。この条約は、特に互いに「領土一体性と主権を尊重」することを義務づけ、両国が「両国間の現存する国境を犯さないことを確認」したものであった。

9月21日には、クリムキン外相により、ロシアに対して同条約を延長しないと伝える口上書が送付されたことが発表されている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.uaへのハイパーリンクは第一 段落より上部にすることを義務付けています。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、 ukrinform.uaからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のペー ジにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2018 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica
詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-