ウクライナ、被占領下ドンバス地方への外国人の入域を制限

ウクライナ、被占領下ドンバス地方への外国人の入域を制限

ウクルインフォルム
ウクライナ東部ドンバス地方のコンタクト・ライン上の通過検問地点において、ウクライナ領被占領地域への外国人の入域が制限された。

30日、統一部隊作戦広報室が発表した。

発表には、「ウクライナ領の一部にて、ウクライナ法『戒厳令の法体制』による戒厳令下特別法体制が布かれたことに関連し、統一部隊司令部の決定により、コンタクト・ライン越境に関する特別体制が適用される。これは、ウクライナ国民への影響はない。制限されるのは、とりわけ、外国人と無国籍者の一時的被占領下にあるウクライナ領への入域である」と書かれている。

コンタクト・ライン越境の権利を有するのは、国連ミッション、欧州安全保障協力機構(OSCE)監視員、国際赤十字委員会(ICRC)ミッションの要員となるとのこと。

それ以外の外国国籍者に関しては、被占領地における恒常的住居許可書かコンタクト・ラインの越境が人道的目的(葬式、親族の重病等)により必要である場合に、一時的被占領地への移動に関する決定が採択されるとある。

また、「統一部隊作戦に参加する国境警備隊は、完全な戦闘準備状態にある。全ての通過検問地点は、通常運営されている」と発表されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-