ウクライナ、戒厳令発効中、被占領下クリミアへの外国人の入域許可を停止

ウクライナ、戒厳令発効中、被占領下クリミアへの外国人の入域許可を停止

ウクルインフォルム
戒厳令発効期間中、被占領下クリミアとウクライナ大陸側の間の行政境界線は、外国人に対して封鎖される。越境が認められるのは、ウクライナ国民のみとなる。

29日、アンドリー・デムチェンコ国境警備庁市民連携・連絡局局長がウクルインフォルムに伝えた。

デムチェンコ局長は、「被占領下の(クリミア)半島との間の行政境界線の越境は、ウクライナの身分証明書を所有する者だけに限られる。被占領下の半島に現在滞在する外国人は、そこから大陸側へ出域することは可能である。外国人が現時点までに法的根拠にのっとって一時的被占領下クリミアに入域していた場合は、彼らは大陸側ウクライナに何の障害もなく出域できる」と発言した。

これまでの報道にあるように、11月26日、最高会議は、ウクライナ国内10州、30日間限定で戒厳令を発動させる法案「大統領令『ウクライナ戒厳令発令』の確定」を採択していた。

11月28日、ポロシェンコ大統領が同法律に署名し、同日同法は公布され、戒厳令が発効していた。発効期間は、12月26日までとなる。

写真:国境警備庁


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-