フロイスマン宇首相、メルケル独首相とアゾフ問題を協議

フロイスマン宇首相、メルケル独首相とアゾフ問題を協議

ウクルインフォルム
フロイスマン・ウクライナ首相は、メルケル・ドイツ首相とアゾフ海における情勢について協議した。

29日、フロイスマン首相が、ベルリンにおけるメルケル首相との会談後、記者会見を開いた。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

フロイスマン首相は、「私たちは、アゾフ海情勢について、そして、ロシアから、ウクライナ海軍軍人に対する明白な侵略行為が起きたことについて協議した。また、私たちがこれら軍人を解放するために取るべき方策についても議論した。メルケル首相は、アゾフ海情勢について、現在起きていること、違法な橋の建設や航行の自由の妨害といったロシアが生み出している問題について、あらゆる観点から非常によく把握している」と発言した。

また、同首相は、G20首脳会合において、本件が真剣に協議されることを期待していると述べた。

フロイスマン首相は、「ノルド・ストリーム2」建設問題についても協議したとし、メルケル独首相が同日のウクライナ・ドイツ・ビジネス・フォーラムの冒頭あいさつにて、ウクライナがガス輸送国としてあり続けるべきであると発言したことを指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-