ザイベルト独首相府報道官、ロシアのテレビによるウクライナ軍人「自白」の放映を批判

ザイベルト独首相府報道官、ロシアのテレビによるウクライナ軍人「自白」の放映を批判

ウクルインフォルム
ドイツ政府は、ケルチ海峡近海におけるウクライナ海軍軍人の拘束と、ロシアのテレビにて彼らを放映していることを批判している。

28日、シュテフェン・ザイベルト独首相府報道官がブリーフィング時に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ザイベルト報道官は、「私たちは、拘束されたウクライナ国民をロシアのテレビに映し出すという示威行為を批判する。私たちは、ロシアが拘束したウクライナの海軍軍人を解放し、だ捕した船舶を返すのを待っている」と発言した。

また、同報道官は、両国が対話を始め、両国の国境警備の専門家が本件につきていねいな作業をすることは目的にかなったことであるとし、これは、27日に行われた、マース独外相とラヴロフ露外相の間の電話会談でも提案されたと指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-