国連は、15日にクリミア決議案の審議を開始予定:外務次官

国連は、15日にクリミア決議案の審議を開始予定:外務次官

ウクルインフォルム
国連総会第3委員会は、15日、刷新された決議案「クリミア自治共和国とセヴァストーポリ市(ウクライナ)における人権状況」を審議する。

セルヒー・キスリツァ外務次官がウクルインフォルムへコメントした。

キスリツァ外務次官は、「大統領の指示のもと、ウクライナは、刷新された『クリミア決議』案を作成した。15日には、国連総会第3委員会にて審議が行われる」と指摘した。

同外務次官は、今回の決議案が、中近東、アジア、中南米といった多くの国連加盟国の支持を受けていることを強調した。

また、同次官は、同案の目的は「被占領下クリミア半島に暮らすウクライナ国民の権利と自由を保護する」ことと、ロシアに対し、国際法にのっとって占領国としての義務を履行することを要求することであると指摘した。また、同案には、ロシアが拘束する政治囚問題といった、新しい要素も含まれているとのこと。

決議採択の時期について、同次官は、「第3委員会のあと、同決議案は、総会の本会議において投票にかけられる。投票は、およそ12月の中旬となる。決議が確定するには、投票に参加する国の過半数の支持が必要である」と説明した。

これまでの報道によれば、2017年12月19日、国連総会は、「クリミア自治共和国とセヴァストーポリ市(ウクライナ)における人権状況」を採択していた。同決議には、ロシアとウクライナの間に武力紛争が存在することが記されており、また被占領地においてロシアが自国の国内法を適用していることや、ウクライナ国民を強制的にロシア国民に国籍変更させていることが非難されている。その他、同決議は、ロシアに対し、国際司法裁判所(ICJ)によるクリミア関連の命令を履行するよう要求している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-