世論調査:必要な改革に関する意識調査。汚職対策は…第3位

世論調査:必要な改革に関する意識調査。汚職対策は…第3位

ウクルインフォルム
63%の回答者が、ウクライナが最も必要としているのは経済改革であると考えている。

13日、アントン・フルシェツィキー副所長がキーウ(キエフ)国際社会学研究所が、世論調査「ウクライナ有権者の志向モニタリング」の結果としてこのように発表した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

同副所長は、「私たちは、どの改革を優先課題だと考えているかについて有権者にたずねた。その結果、過半数、63%が経済改革が優先だと述べた。そして、43%が社会改革、37%が汚職対策改革と答えた」と指摘した。

同副所長の発言では、16%が政治改革が優先課題だと答え、10%が人文部門と治安部門の改革を挙げたとのこと。

また、同副所長は、過去5か月で、社会改革への関心が若干高まり、汚職対策改革が若干減少したと指摘した。

今回の世論調査は、キーウ(キエフ)国際社会学研究所、ラズムコフ・センター、レイティング社が共同で、2018年10月19日から11月2日にかけて実施したものとのこと。クリミア自治共和国とドネツィク・ルハンシク両州被占領地域を除く、ウクライナ全州1万名が回答。理論的誤差は、1.0%未満であると発表された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-