国連報道官、ドンバス「選挙」はウクライナ憲法とミンスク諸合意の違反であると発言

国連報道官、ドンバス「選挙」はウクライナ憲法とミンスク諸合意の違反であると発言

ウクルインフォルム
ウクライナ東部の選挙問題は、ミンスク諸合意とウクライナ憲法に条件付けられたものであり、そのため、それ以外の一方的な行為は同諸合意にも同国憲法にも違反するものである。

12日、ファルハン・ハク国際連合(国連)事務総長副報道官が被占領下ドンバス地方においてロシアが行った「選挙」についてコメントした。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

同副報道官は、「国連安全保障理事会(安保理)が支持したミンスク諸合意の履行は、ウクライナ東部紛争の平和的解決のための唯一のものである」と指摘した上で、ローズマリー・ディカルロ国連政治問題事務次長が10月30日に国連安保理で演説を行った際に、包括的方策パッケージの一部であるミンスク諸合意の定める選挙問題が、現存する国際協議メカニズムの中で議論されていることを強調したことを喚起した。

その上で、同副報道官は、「ウクライナ憲法と国内法に合致しないいかなる行為も、ミンスク諸合意に反するものである。私たちは、全ての当事者に、対立を深め、ミンスク諸合意から乖離しうる、いかなる一方的な行為も控えるよう要求する」と強調した。

これまで、ウクルインフォルムが報じたように、国際社会の強い反対があったにもかかわらず、11月11日、ロシアはウクライナ領ドネツィク・ルハンシク両州被占領地域で偽選挙を実施していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-