OSCE監視員、ウクライナ東部の「偽選挙」当日、投票所付近で武装した戦闘員を確認

OSCE監視員、ウクライナ東部の「偽選挙」当日、投票所付近で武装した戦闘員を確認

ウクルインフォルム
欧州安全保障協力機構(OSCE)特別監視団(SMM)は、偽選挙当日、被占領地ドンバス市において、「投票所」と書かれたパネルのかけられた建物の周辺で、武装した戦闘員を確認。また、その付近には、「市場で使われるようなのに似た売店」も立っていたとのこと。

12日に発表された、OSCE・SMM緊急報告書「ドネツィク・ルハンシク両州ウクライナ政府によるコントロールのない地域におけるいわゆる『選挙』当日の治安情勢の監視報告」にて、報告されている。

報告書には、「11月11日、非政府管理地域ドネツィク市において、SMM要員は、市内中心部の複数の場所にて、武装集団構成員のプレゼンスが若干高まっていることを確認した。SMM要員は、『選挙投票所』と書かれたパネルのある建物を見かけた。ほとんどのこのような建物の周りには、2〜4名の自動小銃を所有して完全に武装した人物が立っていた。SMM要員は、その近辺にて、市場にて利用されているのと似たような売店も観察した」と書かれている。

また、SMMは、携帯電話通信(Vodafoneとフェニクス)が一定時間途絶えていたことも報告した。

OSCEはまた地元住民の聞き取り調査の結果として、「両州の非政府管理地域にて、SMMが民間人と対話したところ、彼らの中には、『投票』すると、後で政府管理地域へ移動する際に問題が生じるのではないかと懸念を表明する者がいた。他には、人々は、『投票』しなければ非政府管理地域において給料の支払いでトラブルが起きたり、医療サービスを受ける際に問題が生じたりする可能性があり、そのため強制的に『投票』させられていると感じている、と述べる者も複数いた」と報告している。

これまでの報道にあるように、11月11日、ドネツィク・ルハンシク両州被占領地域において、ロシア占領政権が「選挙」を実施した。

この偽選挙実施計画は、すでにアメリカEU加盟国日本、カナダ、NATO、OSCEなどにより非難されている。

なお、OSCE常任理事会は、ウクライナ代表団の要請を受け、12日に緊急会合を開催し、ロシアにより占領されているドンバス地域での偽選挙について議論することになっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-