ポロシェンコ大統領、パリでトランプ米国大統領と短時間の会談を実施

ポロシェンコ大統領、パリでトランプ米国大統領と短時間の会談を実施

ウクルインフォルム
ポロシェンコ・ウクライナ大統領とトランプ米国大統領は、パリで短い会談を持った。

11日、ポロシェンコ大統領が自らのパリ訪問の結果として記者団に対して発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ポロシェンコ大統領は、「昨日(10日)、フォーラム(編集注:平和のためのパリ・フォーラム)で会談を持ち、短い議論があったが、その時アメリカ大統領とも協議した。この協議の結果、本日(11日)、クリムキン・ウクライナ外相とポンペオ米国務長官が会談を行なった。11月16日、ワシントンで、外相級の戦略パートナーシップ委員会が開催されることが決まった。私たちは、この委員会の作業を再開することに合意した」と発言した。

また、ポロシェンコ大統領は、パリ訪問時に、40近くの二者会談を行ったことを明らかにした。

これまでの報道にあるように。パリでは、第一次世界大戦終了から100周年を祝う記念式典が開催され、ポロシェンコ大統領も出席していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-