ポロシェンコ大統領、マクロン仏大統領とメルケル独首相と会談、国連平和ミッションなど協議

ポロシェンコ大統領、マクロン仏大統領とメルケル独首相と会談、国連平和ミッションなど協議

ウクルインフォルム
ポロシェンコ・ウクライナ大統領は、マクロン・フランス大統領とメルケル・ドイツ首相と会談した際、国連平和ミッションのウクライナ東部派遣問題とロシアに拘束されるウクライナ国民の解放問題を提起した。

11日、ポロシェンコ大統領が自らのパリ訪問と各国首脳との会談の結果として発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ポロシェンコ大統領は、「私たちは、ドンバス被占領地域への平和ミッション展開というウクライナの提案をいかに進めるかについて、そしてドイツとフランスというノルマンディ・フォーマットのパートナー国からのウクライナ支持について協議した」と発言した。

ポロシェンコ大統領は、「(国連)平和ミッションのみが、ミンスク諸合意の治安項目を保障でき、砲撃を止め、ロシアに義務を履行させることができるのだと強い確信を抱いている」と強調した。

また、同大統領は、マクロン仏大統領とメルケル独首相との会談時、ロシアに違法に拘束される政治囚の解放問題も提起したと述べた。

また、これに先立ち、同日、ツェホルコ・ウクライナ大統領報道官は、ポロシェンコ大統領は、メルケル独首相、マクロン仏大統領とともに、ロシアが被占領地ドンバスで行う偽「選挙」について協議しているとも発言していた。

これまでの報道にあるように、ポロシェンコ大統領は、11月10、11日、フランスを実務訪問している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-