日本政府、武装集団「DPR/LPR」の「選挙」は違法であるとの声明を発出

日本政府、武装集団「DPR/LPR」の「選挙」は違法であるとの声明を発出

430
Ukrinform
日本政府は、武装集団が発表した、ウクライナ東部ドンバス地方被占領地域におけるいわゆる「選挙」は違法であると考えている。

7日、在ウクライナ日本国大使館のフェイスブック・アカウントにおいて声明が発表された。

日本政府の声明には、「11月11日に『DPR』及び『LPR』が実施を表明している『選挙』は、ミンスク諸合意及びウクライナ国内法令に基づかないものであり、正当なものとは認められず、こうした一方的な行為は慎むべきである」と指摘されている。

さらに、日本政府は、一時的被占領地域における選挙は、ミンスク合意及びウクライナの国内法令に基づいて実施されるべきであると強調している。また、同声明には、同国がウクライナの主権及び領土一体性を尊重していること、そして「力による現状変更」の試みを断じて認めないという日本の立場が示されている。

これまでに報道されているように、11月11日、ドンバス地方のロシア占領政権は、ドネツィク・ルハンシク両州被占領地域においていわゆる「選挙」の実施を決めていた。

なお、7日、ポロシェンコ大統領は、この11日の偽選挙により、新たな対露制裁が科されることになるだろうとの期待を表明している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.uaへのハイパーリンクは第一 段落より上部にすることを義務付けています。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、 ukrinform.uaからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のペー ジにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2018 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica
詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-