クリミア露占領政権、クリミア・タタール民族の資産「国有化」の動き:民族指導者がコメント

クリミア露占領政権、クリミア・タタール民族の資産「国有化」の動き:民族指導者がコメント

ウクルインフォルム
ロシア占領政権は、クリミア・タタール民族代表機関「メジュリス」の資産を「国有化」しようとしている。しかし、これら資産は、クリミアの脱占領下後に奪還されることになる。

29日、ロシア政権によるメジュリス資産「国営化」の可能性に関する発言に対して、クリミア・タタール人指導者であるムスタファ・ジェミレフ氏がラジオ・スヴォボーダ通信プロジェクト「真実のクリミア」にコメントした。

ジェミレフ氏は、「メジュリス不動産の大半は、我々民族の寄付で得られたもので、その多くがトルコやアメリカ、ルーマニアのクリミア・タタール人からの寄付からなります。彼らは、クレムリンの傀儡(かいらい)政権のために寄付をしたのではなく、民族代表機関のために寄付をしたのです。国際裁判所では、傀儡の人々ではなく、ロシアが責任を負うことになります。ですから、彼らが私たちから奪っていくものについて、私たちは落ち着いて受け止めて生きます。クリミアが奪還されれば、全ての資産は回復されるのですから」と述べた。

同氏は、ロシア政権は嘘をついているとし、「彼らが『ムスタファ・ジェミレフの所有する資産』と述べる際、私は何と横柄なことだろうと驚いています。それらは全て、慈善基金『クリミア』に登録されている資産なのです。私が自分のお金で購入した私の家族の家ですら、基金に譲渡してあるのです。私、ムスタファ・ジェミレフは、クリミアに一切資産を持っていません。その基金は、1995年にクリミア・タタール民族意思決定機関「クルルタイ」によって設立されたものです」と述べた。

ジェミレフ氏はまた、2014年以降、この「クリミア基金」はロシアがこの基金に対して手をかけた諸案件について裁判を行っていると指摘した。

これまでの情報では、10月27日、クリミアにおけるロシア占領政権がクリミア・タタール民族代表機関メジュリスに属する資産を「国営化」する決定を下したとのことであった。

2014年、ロシアがクリミアを併合後、メジュリスはロシアにより過激組織と宣告され、その活動を禁止されており、また、クリミア・タタール指導者達は、被占領地域から退去せざるを得なくなっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-