トランプ大統領個人がロシアに対する圧力強化の決定を下している:米国ウクライナ問題特別代表

トランプ大統領個人がロシアに対する圧力強化の決定を下している:米国ウクライナ問題特別代表

ウクルインフォルム
アメリカの現政権は、前政権よりも、より強固な圧力をロシアにかけている。その際、トランプ米国大統領個人が対ロシア制裁強化の決定を確定させている。

18日、ヴォルカー・アメリカ国務省ウクライナ問題特別代表が、アメリカのシンクタンク「アトランティック・カウンシル」のイベントで発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ヴォルカー特別代表は、「現政権は、前政権よりも、ロシアに関してより強固な政策を実施しているし、ウクライナの支援も以前より拡大している」と強調した。

そして、同特別代表は、ロシアでは多くの人が、トランプ大統領がアメリカの対露政策を変更しようとしていると考えていると指摘しつつ、「それは正しくない、ということを私は皆に明言できる」と述べた。

同特別代表は、トランプ大統領個人が対露制裁の決定を確定させているのであり、彼が現在の対ロシア外交の現在の立場を固めたのだと指摘した。そして、「私たちの目的は、平和的決定に達することです。ロシアに制裁をかけること自体が目的なのではなく、ウクライナの領土一体性と主権を回復すること、ウクライナの全ての人々にとっての安全を確保することが目的なのです」と強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-