ミンスク会合、捕虜解放問題に進展なし

ミンスク会合、捕虜解放問題に進展なし

ウクルインフォルム
16日、ウクライナは、ミンスクにおいて開催された三者コンタクト・グループ(TCG)人道問題作業部会会合で、捕虜解放問題を改めて提起したが、一切の進展はなかった。

同日、イリーナ・ヘラシチェンコ最高会議(国会)第一副議長が自らのフェイスブック・アカウントに書き込んだ。

ヘラシチェンコ第一副議長は、「保安庁(SBU)と一時的被占領地域・国内避難民問題省の代表者も参加した、本日の人道問題作業部会の重要なテーマは、捕虜の解放であった。一切進展がない。ロシアは、ウクライナで拘束されているロシア人の存在を認めていない。ドネツィク・ルハンシク両州一部地域代表者(ORDLO)(編集注:武装集団「DPR」と「LPR」のこと)は、非生産的な立場をとっている。私たちは、フリッシュ欧州安全保障協力機構(OSCE)調整官に対し、同調整官がORDLOの拷問を受けている拘束者のもとへのアクセスが得られないことがあったことを喚起した。私たちは、改めて、武装集団が違法に拘束する未成年者の問題も提起した。彼らは、被占領下ドネツィク市に2016年9月から拘束されている。ORDLO代表者は、OSCEに子ども達を2016年12月までに解放すると約束したが、実際には解放せず、代わりに、彼らにスパイの罪を着せ投獄したのである」と強調した。

その上で、同第一副議長は、OSCEから、児童・未成年者に関して、より断固とした立場がとられることを期待していると強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-