ポロシェンコ大統領、国連にロシアとの友好条約停止に関する口上書を提出

ポロシェンコ大統領、国連にロシアとの友好条約停止に関する口上書を提出

ウクルインフォルム
ポロシェンコ・ウクライナ大統領は、グテーレス国際連合(国連)事務総長に対し、ウクライナがロシアとの友好条約の効力を延長しない決定を下したことを示す口上書を手渡した。

26日、ツェホルコ大統領報道官がフェイスブックで発表した。

ツェホルコ報道官は、「私たちの口上書は、国連の総会と安全保障理事会の公式文書として配布されることになる」と指摘した。

また、ポロシェンコ大統領は、自身のフェイスブックにおいて、グテーレス事務総長と、最近のドンバス情勢、国連の将来の情勢解決への関与、特に、被占領下ドンバス地方への多国籍国連平和ミッションの展開について協議したことを発表した。

加えて、大統領は、アゾフ海とケルチ海峡におけるロシアの攻撃的行為について注意が向けられるとともに、ロシアに拘束されるウクライナ国民政治囚の解放に向けて努力を調整することについて同意があったと述べた。

写真:https://www.president.gov.ua


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-