米国、露企業12社に対する制裁発動へ

米国、露企業12社に対する制裁発動へ

ウクルインフォルム
アメリカ商務省は、制裁対象となる企業リストを拡大した。ロシアの企業12社が含まれる。

26日公表予定の文書にリストが掲載されており、アメリカ連邦官報のサイトにも掲載されている。

同文書には、「今回定められたルールは、14の対象をリストに追加することで、輸出運営規制(EAR)に修正を加えるものである。この14の対象は、国家安全保障あるいは外政上の利益に反する行為を行うものとしてアメリカ政府が定めたものである」と説明されている。

リストには、ベラルーシ、イラン、ロシア、シンガポールの企業が含まれた。

とりわけ、イランのロケット計画に関わり、ベラルーシ、イラン、ロシアで運営されている企業Nilco Groupが加えられている。

ロシアの企業の中には、Vector、Gamma、Syrus Systems、Infoteks(露のサイバー活動に関係した企業)、Divetechnoservices、Oceanos(ロシア海軍への機材提供)、AeroComposit、ORPE Technologiya、Aviadvigatel、Vega、OJC RPC PSI(航空宇宙軍事産業支援)が含まれていることが判明した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-