宇大統領、ドンバス国連平和ミッションに関し、露が求めるものを説明

宇大統領、ドンバス国連平和ミッションに関し、露が求めるものを説明

ウクルインフォルム
ウクライナは、東部ドンバス地方に、本当の国連平和ミッションを展開させ、全域でこの平和ミッションが戦闘と国境のコントロールをすることを望んでいるが、ロシアはミッションに国際監視団の同行のみを提案している。

ポロシェンコ大統領が、フェイスブックに書き込んだ。

大統領は、「私達は、本当の国連平和ミッションを望んでいます。本当の国連平和ミッションとは、停戦、政治プロセス保障、ドンバス地方での自由な地方選挙実施の前提条件となる、戦闘地域全域への展開が定められるものです」と指摘した。

同時に、ポロシェンコ大統領は、プーチン・ロシア大統領が国連平和ミッションではなく、「国際監視員同行ミッションのようなもの」を提案していることに注意を向けた。

ポロシェンコ大統領は、プーチン大統領にとってはウクライナ領内にロシア軍のプレゼンスを維持することが大事なのであり、ロシアとの国境が開放されたままで、兵力・燃料を供給できるようにしておくことが重要なのだと説明した。

これまでの報道では、ポロシェンコ大統領は、最高会議(国会)の年次教書の中で、国連総会での自身の演説で、ドンバス地方に展開される国連平和ミッションのパラメーター問題について話すと述べていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-