外務大臣:ハンガリー身分証明書の宇国民への発給は、国の安全保障への挑戦

外務大臣:ハンガリー身分証明書の宇国民への発給は、国の安全保障への挑戦

ウクルインフォルム
西部ザカルパッチャ州ハンガリー身分証明書(国籍)のウクライナ国民への発給は、国家安全保障に対する挑戦である。

21日、パウロ・クリムキン・ウクライナ外相が1+1局の番組で発言した。

クリムキン外相は、「国籍の発給は、そもそも領事の基本に関するウィーン条約で禁止されている。私たちの領土内では、彼らは私たちが認めたことをしなければならない。今回の件は、私たちの国家安全保障への挑戦である。しかし、総領事が、これは机の下に隠せだとか、こっちのパスポートはあそこで見せろ、そっちのはそこで、と述べるのは、まさに侮蔑の試みであろう」と述べた。

また、同外相は、ザカルパッチャ州ベレホヴェ市の人々はハンガリー時間で生活しているし、児童は「ドブリー・ラーノク(ウクライナ語でおはよう)」以外には何も(ウクライナ語を)知らないとし、「実際のところは、本件は私たちにとっての課題である。現地には、ウクライナが少なすぎる。そのため、まずウクライナがそこになければならないし、その他のことはそれからである」と発言した。

クリムキン外相は、異なる旅券をハンガリーとウクライナの機関に見せろというのは、ウクライナ国内法への違反を呼びかけていることを意味するとし、「多くの人が、今回の動画の問題は、国籍の付与であると考えている。(しかし、)問題は、この呼びかけにある。私たちは、ハンガリーにウクライナ領でこのようなことしていいと認めたことは一度もない」と指摘した。

これまでウクルインフォルムが報じたように、ベレホヴェ市のハンガリー総領事館でウクライナ国民にハンガリー身分証明書が付与されている。プロセスでは、二つ目の国籍取得を祝うスパークリングワインでの乾杯に加え、ウクライナ政権に国籍取得を述べないように忠告がなされていた。この動画は、ウクルインフォルムが自らの情報源で入手していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-