露、「ノルマンディ・フォーマット」協議を行わない理由を説明

露、「ノルマンディ・フォーマット」協議を行わない理由を説明

ウクルインフォルム
ロシアは、武装集団の首長オレクサンドル・ザハルチェンコの殺害後にウクライナ、フランス、ドイツの代表者との会合を行うのは適切でないと考えている。

このようにセルゲイ・ラヴロフ・ロシア外相が述べたことを、露「モスクワのこだま」通信が伝えた。

ラヴロフ露外相は、ロシアの第1チャンネル局の番組にて、フランスもドイツもザハルチェンコの殺害を非難しない中、「ノルマンディ・フォーマット」で会合を開くのは、冒とく行為だと述べた。

武装集団「DPR」の首長は、8月31日、カフェでの爆発で死亡した。

9月4日には、クルツ・オーストリア首相がロシアに対して、ドンバス地方情勢の平和的解決に向け「ノルマンディ・フォーマット」の協議の席に戻るように呼びかけている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-