被占領下クリミア・ジャンコイ地区2か所で爆発=クリミア・タタール民族指導者

被占領下クリミア・ジャンコイ地区2か所で爆発=クリミア・タタール民族指導者

ウクルインフォルム
16日、ロシアにより2014年から占領されているウクライナ南部クリミアのジャンコイ地区にて、ロシア占領軍基地と弾薬庫で爆発と火災が発生した。

クリミアの先住民族クリミア・タタール人の代議機関「メジュリス」のチュバロフ代表がフェイスブック・アカウントにて伝えた

チュバロフ氏は、「一時的被占領下クリミアからの報告だ。ジャンコイ地区カライ町(現アゾウシケ)のオークたちの軍事基地への直撃だ」と書き込んだ。

同氏はまた、弾薬庫への着弾があり、爆発音は平原にてかなり広範に届いていると伝えた。

クリミアの占領政権メディアは、暫定情報によるものとしつつ、ジャンコイの変電所で火災が発生し、マイシケ町の弾薬が爆発したと伝えている。

同時に、ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問は、ツイッター・アカウントにて、「ジャンコイ近くの朝は爆発で始まった。もう一度喚起する。普通の国のクリミアは、黒海、山、休暇、観光だ。だが、ロシア戦闘員に占領されているクリミアは、倉庫爆発と侵略者・犯罪者への致死的危険の増大だ。非軍事化は実行中である」と書き込んだ


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-