ウクライナ東部の爆発物処理班、作業中爆発により死傷者発生

ウクライナ東部の爆発物処理班、作業中爆発により死傷者発生

ウクルインフォルム
ウクライナ東部ドネツィク州にて、爆発物除去作業をしていた国家非常事態庁処理班が、爆発事故に遭い、1名が死亡、2名が負傷した。

9日、チェチョトキン国家非常事態庁長官がフェイスブック上で報告した。

同長官は、「おぞましい報告がある。本日朝、バフムート地区ザイツェヴェ村(統一部隊作戦の『グレーゾーン』である)の近くにて、国家非常事態庁の爆発物処理班が爆発物除去作業をしていたところ、爆発に遭った。これにより、班長のオレフ・ボイツォウ市民保護局(1979年生)が死亡、同局のドミトロー・スレプカン氏(1994年生)と同イェウヘン・ベスコロヴァイニー氏(1992年生)が負傷した」と書かれている。

チェチョトキン長官は、日々の安全が、とりわけウクライナ東部で、どのように守られているかにつき、忘れないで欲しいと呼びかけた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-