カルパチア山脈にて、捜索隊が6日から行方不明の遭難者を救出

カルパチア山脈にて、捜索隊が6日から行方不明の遭難者を救出

28
ウクルインフォルム
ザカルパッチャ州にて、クリスマス前から行方不明となっていた男性が捜索隊に発見された。

10日、国家非常事態庁広報室が発表した。

発表には、「(10日)午後11時時点で、1月6日から捜索を行っていた捜索隊から、男性を発見したとの情報が入った」と書かれている。

救助隊は、男性を医師のいる最も近い自治体に搬送し、現在男性は治療を受けていることが伝えられた。

同男性は、1月6日からヒームバ山(ザカルパッチャ州ミジュヒルシキー地区)にて行方不明となっていた。国家非常事態庁は、39名の捜索隊員を出動させていた他、ボランティアや警察も支援に当たっていた。

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-