米空軍、Su-27墜落で米軍人が亡くなったことを認める

米空軍、Su-27墜落で米軍人が亡くなったことを認める

ウクルインフォルム
多国間空軍共同演習「クリア・スカイ2018」の最中のウクライナのSu-27墜落事件において、アメリカの軍人が亡くなった。

16日、アメリカ空軍欧州・アフリカ司令部が公式に認めた。ウクルインフォルムが伝えた。

発表には、「私たちは、アメリカ側からも被害があったとのメッセージを見ていた。そして私たちは、事件にアメリカの軍人が参加していたことを認めることができる」と指摘されている。

これ以上の詳細な情報は、アメリカ司令部からは提供されず、事件の捜査過程で新たな詳細を発表することが約束された。

これまでの報道によれば、16日、ヴィンニツャ州ウラニウ村にて、軍事演習中にSu-27UBが墜落。参謀本部は、2名の操縦者が死亡したことを発表していた。

国内外のマスメディアは、亡くなった人物の1名がアメリカ空軍州兵であると報じていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-