地方選挙 出口調査の結果 現職優勢

地方選挙 出口調査の結果 現職優勢

写真
ウクルインフォルム
22日にウクライナ国内複数自治体実施された市長選挙決選投票の出口調査が発表された。

リヴィウ市の出口調査結果は、サヴィク・シュステル・スタジオがフェイスブック・アカウントにて発表した

同結果によれば、現職のアンドリー・サドヴィー候補(自助党)の得票が62.8%となっており、再選の見込み。対抗するオレフ・シニュトゥカ候補(欧州連帯党)の得票は37.2%。

リヴィウ市の投票所 写真:マルキヤン・リセイコ/ウクルウインフォルム

ドニプロ市の出口調査は、調査グループ「ソツィス」が同日19時30分まで実施した調査結果を発表した

同結果によれば、現職のボリス・フィラトウ候補(提案党)の得票が78.75%となり、再選の見込み。対抗するザヒド・クラスノウ候補(市民力党)は18.25%。

ドニプロ市の投票所 写真:ミコラ・ミヤクシコウ/ウクルインフォルム

ミコライウ市の出口調査は、地元ニュースサイト「ニクヴェスチ」がユーチューブの特集番組にて発表した

同結果によれば、現職のオレクサンドル・シェンケヴィチ候補(提案党)の得票が61.6%となり、再選の見込み。対抗するウラディスラウ・チャイカ候補(野党生活党)は38.4%。

スロヴヤンシク市(ドネツィク州)の出口調査は、「リサーチ&ブランディング・グループ」社がフェイスブック・アカウントにて発表した

同結果によれば、現職のヴァディム・リャフ候補(野党ブロック党)の得票が58.8%となり、再選の見込み。対抗するパウロ・プロドヴォロウ候補(野党生活党)は41.2%。

チェルカーシ市の出口調査は、サヴィク・シュステル・スタジオがフェイスブック・アカウントにて結果を発表した

同結果によれば、現職のアナトリー・ボンダレンコ候補の得票が54.25%となり、再選の見込み。対抗するヴィクトル・イェウパク候補(声党)は、45.75%。

リウネ市は、新人2名が競った。出口調査の結果は、ソツィス社が発表した

同結果によれば、ヴィクトル・シャキルジャン候補の得票が50.94%とリード。オレクサンドル・トレチャク候補(欧州連帯党)の得票は46.03%とのこと。
 

なお、中央選挙管理委員会は、同日の選挙の投票率は29.53%であったと発表している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-