キーウ市選挙出口調査 現職とその政党優勢

キーウ市選挙出口調査 現職とその政党優勢

ウクルインフォルム
25日20時にて投票の終わった統一地方選挙につき、キーウ(キエフ)市で行われた出口調査の結果では、現職のクリチコ市長と同氏率いるウダール党が最も支持を得たと伝えられている。

レイティング社のオレクシー・アンテポヴィチ総裁が記者会見にて同社がキーウ市で行なった出口調査の結果を伝えた。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

同社の出口調査では、キーウ市長選では、現職市長のヴィタリー・クリチコ候補で47.8%と大差で優勢との結果が出ている。これに続いて、オレクサンドル・ポポウ候補(野党生活党)が8、6%、セルヒー・プリトゥーラ候補(声党)が8.3%、イリーナ・ヴェレシチューク候補(人民奉仕者党)が8%の回答者の支持を得ていたとのこと。

なお、人口7万5000名以上の市では、1位候補の得票が50%を超えない場合、決戦投票が実施される。

キーウ市議会の出口調査では、クリチコ市長率いるウダール党が21.3%で最多。これに、欧州連帯党(ポロシェンコ党首)が18%、人民奉仕者党(ゼレンシキー大統領系)が9.5%、声党(7.2%)が続いた。

また、ウクライナ24局と政治討論番組「サヴィク・シュステルのスタジオ」が共同で実施した出口調査では、キーウ市長選挙ではクリチコ候補が45.9%、ポポウ候補が9.62%、ヴェレシチューク候補が8.53%、クチェレンコ候補(祖国党)が7.82%の支持を得たとの結果となっている。同調査におけるキーウ市議会選挙の結果は、ウダール党が19.74%、欧州連帯党が17.76%、人民奉仕者党が10.28%、祖国党が8.61%、野党生活党が7.77%。

なお、10月25日、ウクライナでは統一地方選挙の投票が行われた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-