最高会議、選挙法典を採択 議会選挙は完全比例代表制に移行

最高会議、選挙法典を採択 議会選挙は完全比例代表制に移行

ウクルインフォルム
11日、最高会議は、選挙法典を第二読解で採択した。

同法典は、同日の本会議にて、最高会議議員230名の支持を得て採択された(過半数は226)。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

今回採択された選挙法典は、最高会議議員選挙法、大統領選挙法、地方選挙法、中央選挙管理委員会法、有権者国家登録法の5本の法律を統合する内容となっている。同法典の中身は、全選挙実施の基本、全国選挙(大統領選挙・最高会議選挙)、地方選挙実施手続き、の3つの内容に大別されている。

なお、今回採択された選挙法典は、2019年7月21日の最高会議繰り上げ選挙には適用されない。同法典が発効するのは、2023年12月1日からであり、次回以降の最高会議選挙に適用されることになる。

選挙法典案作成作業部会の代表を務めていたオレクサンドル・チェルネンコ議員が、今回の選挙法典における、最高会議選挙で、小選挙区制が廃止され、導入される非拘束式名簿(オープンリスト)比例代表制の内容について説明した。

政党は、200名以上の代表者からなる党大会において、全国選挙候補者名簿を確定する。この名簿は、27の地域名簿に分割される。これにより、各候補者は、全国区と地域区に同時に推薦されることになる。各地域区には、5名以上の候補者が登録されねばならない。

投票用紙では、有権者は、投票したい政党の番号の他、希望する場合は、その政党の地域名簿の中の候補者番号も選択することができる(非拘束式名簿)。もし、政党だけ選択し、その党の特定の候補者を選ばなかった場合、その有権者の票は、政党が提案する候補者名簿上の順番に同意したとみなされる。投票所では、選挙に参加する政党の番号以外に、それぞれの政党の地域候補者名簿も掲載される。

投票所での開票時には、投票所委員会はまず、各政党が得た得票を数え、その後、各政党の地方名簿上の個別候補者の得票を数える。それぞれの結果がプロトコルに反映される。

各政党の得票数により、最高会議での獲得議席数が決まると、次に各政党名簿の候補者が獲得した得票に応じ、誰が議席を獲得するかが決まっていく。有権者が政党のみに投票した場合は、議席配分は政党が定めた手続きにより決まる。

今回採択された選挙法典は、2017年11月7日に第一読解で採択されていたもの。

今回の第二読解までに、同法典への4568の修正案が審議されていた。

アンドリー・パルビー最高会議議長(執筆者の一人)は、この選挙法典を、第8最高会議作成法案の中で最も大型のものであると指摘していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-