ウクライナ全土に、立ち去るポロシェンコ候補の姿の該当看板が設置 警察は違法と指摘

ウクライナ全土に、立ち去るポロシェンコ候補の姿の該当看板が設置 警察は違法と指摘

ウクルインフォルム
14日首都キーウ(キエフ)や地方各都市で、現職大統領の立ち去る姿と「おしまい(キネツィ)」との文字が書かれた該当看板が設置された。

看板の紫のメインカラーやフォント等は、ポロシェンコ候補陣営が使うものと同じだが、他方で、フロマツィケ通信が大統領府に問い合わせたところ、ポロシェンコ陣営は関与していないとのこと。

大統領府のホルコヴェンコ情報政策総局課長は、「私たちは、このような馬鹿げたものを掲げるほど愚かではない。私たちは、プーチンとの看板掲示後、注意深くアプローチを選ぶようにしている」と発言した。

同課長は、同看板が最初に確認されたのはチェルカーシ市であり、アナトリー・ボンダレンコ市長の関与を疑っていると述べ、「ボンダレンコ氏は、公式には祖国党代表者だが、周辺人物の話では、非公式には積極的にゼレンシキー候補陣営の選挙運動に加わっているらしい」と発言した。

また、本件に関し、ヤロスラウ・トラカロ国家警察報道官は、ウクラインシカ・プラウダ通信に対して、「暫定評価では、同看板は法に反して掲示されている。同看板には、印刷した団体、掲載数、責任者氏名、発注者に関する情報がないからである」と発言した。

同報道官は、本件責任者には罰金が課されるとし、また関連機関が看板の撤去を行うと説明した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-