ポロシェンコ候補、国立スタジアムの討論会に参加 ゼレンシキー候補は現れず

ポロシェンコ候補、国立スタジアムの討論会に参加 ゼレンシキー候補は現れず

ウクルインフォルム
14日、大統領選挙決選投票に進む現職のペトロ・ポロシェンコ候補は、討論会に参加するために、自身が指定した午後2時、キーウ(キエフ)市内の国立スタジアム「オリンピーシキー」を訪れた。一方、同じく決選投票に進むヴォロディーミル・ゼレンシキー候補は、現れなかった。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ポロシェンコ候補は、午後3時まで40分間待つと述べ、その間、アンドリー・クルコウ市民ラジオ記者の司会の下、国内外記者からの質疑応答を行った。

また、ポロシェンコ候補は、15日以降、毎日国内各テレビ局の番組にて、討論を行うべくゼレンシキー候補を待つと述べた。同候補は、とりわけ、15日はICTV局番組、19日は公共放送局での公式討論会での討論を呼びかけた。

同質疑応答が終わった後、ポロシェンコ候補は家族とともに、同スタジアムに集まった数万人の支持者の前に現れ、一緒に写真を撮ったり、国歌を斉唱したりして過ごした。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-