選挙

3団体が共同で実施した大型世論調査の結果発表

3団体が共同で実施した大型世論調査の結果発表

25日、キーウ(キエフ)国際社会学研究所、ラズムコフ・センター、分析グループ「レイティング」が共同で全国1万5000人の有権者を対象に実施した大型世論調査の結果を発表した。

25.03.2019

世論調査:大統領選投票日まで1週間、トップ3は引き続き、ゼレンシキー、ポロシェンコ、ティモシェンコ

世論調査:大統領選投票日まで1週間、トップ3は引き続き、ゼレンシキー、ポロシェンコ、ティモシェンコ

3月31日のウクライナ大統領選挙投票日まで、残すところ1週間。キーウ国際社会学研究所の世論調査の結果では、現在の支持率首位はTVタレントのヴォロディーミル・ゼレンシキー候補。これに続いて、2位が現職大統領のペトロ・ポロシェンコ候補、3位が祖国党党首のユリヤ・ティモシェンコ候補となっている。

24.03.2019

ポロシェンコ大統領、メドヴェージェフ露首相とメドヴェチューク氏とボイコ氏の会談にコメント

ポロシェンコ大統領、メドヴェージェフ露首相とメドヴェチューク氏とボイコ氏の会談にコメント

ペトロ・ポロシェンコ大統領は、22日に大統領選候補のユーリー・ボイコ(野党・生活党)と同党幹部のヴィクトル・メドヴェチューク氏がメドヴェージェフ露首相と会談したことにつき、「ロシアによるウクライナの団結を内部から破壊する試みだ」と指摘した。

22.03.2019

21.03.2019

テレビでの選挙CMに一番お金を使っているのは、ティモシェンコ候補=市民団体「チェースノ」

テレビでの選挙CMに一番お金を使っているのは、ティモシェンコ候補=市民団体「チェースノ」

政治家の活動をモニターする市民運動「チェースノ」は、選挙運動期間に各候補者がテレビを使った選挙CMに支払った金額を調べたところ、ユリヤ・ティモシェンコ候補(祖国党党首)が最も多くの資金を使っており、その次がポロシェンコ候補(現職大統領)であることがわかったと伝えた。

20.03.2019

13.03.2019

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-