国連、「黒海穀物回廊」を1日停止する合意を発表

国連、「黒海穀物回廊」を1日停止する合意を発表

ウクルインフォルム
ハク国連事務総長副報道官は1日、「黒海穀物回廊」にて設置されている「共同調整センター」のウクライナ代表団、トルコ代表団、国連代表者が11月2日に同回廊における船の移動を行わないことで合意したと発表した。

ハク副報道官がニューヨークにて記者団に対して発表した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

同時にハク氏は、本件はロシア連邦による穀物イニシアティブへの参加停止が原因だとしつつも、「ただし、穀物輸送オペレーションはロシアの立場と関係なく続いている。火曜日(1日)は、港から出帆した船に対して36件の検査が実施された」と伝えた。

同氏はまた、共同調整センターのアブドゥラ国連調整官は、トルコ代表団と緊密に協力しているとし、ロシアの完全な参加の回復に向けて「彼はあらゆる努力を行っている」と指摘した。

なお、最新のデータでは、ウクライナの海洋港から黒海穀物イニシアティブを通じて輸送された穀物やその他の食料品の総重量は970万トン強となっているという。

また、これに先立ち、クブラコウ・ウクライナ・インフラ相は、ツイッター・アカウントにて、11月3日には、黒海穀物回廊を通じて、さらに8隻の農作物を積んだ船が出港すると発表していた。その際クブラコウ氏は、「私たちは、国連から確認を受け取った。また、2日、ボスポラスでは検査も行われる」と伝えていた。

写真:ウクライナ・インフラ省


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-