ウクライナ中央銀行、2022年のGDP成長率をマイナス32%と予想

ウクライナ中央銀行、2022年のGDP成長率をマイナス32%と予想

ウクルインフォルム
ウクライナの中央銀行は20日、同国の2022年のGDP成長率を約マイナス32%と発表した。

ピシュニー中央銀行総裁が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ピシュニー氏は、「今年GDPは、約32%減少する」と発言した。

同氏はまた、成長率に影響を与えるのは、輸送面の問題、企業の能力の破壊、国民の収入減少、農業生産の低下だと指摘した。

加えて同氏は、2023〜2024年、経済は徐々に回復していくとし、その成長率は4〜5%となると発言した。同時に、今後の経済回復の重要要因となるのは2023年中盤のセキュリティリスクの低減だとし、さらに著しい予算支援が消費需要と国家復興への投資を刺激していくことになると指摘した。

同時に同氏は、労働力と生産能力の著しい損失、世界的なエネルギー価格の高騰、戦後復興時の大幅な輸入需要が経済回復を遅らせることになると発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-