【公式】トヨタ、ロシアでの生産事業を終了

【公式】トヨタ、ロシアでの生産事業を終了

ウクルインフォルム
トヨタ自動車は23日、ロシアの生産拠点であるサンクトペテルブルク工場での生産事業を終了すると発表した。

トヨタ自動車が公式ウェブサイトでのニュースリリースで伝えた

発表には、同社の生産拠点であるサンクトぺテルブルク工場は今年3月4日、部品調達ができなくなり、操業を停止し、その後も稼働再開に向けた準備を継続してきたと書かれている。

他方、「半年が経過しても生産再開の可能性は見い出せず、このままではトヨタが目指す製品づくりができないこと、また、現在の状況が続けば共に良いクルマづくりを目指してきたロシアの従業員に対して十分な支援ができなくなることから、ロシアでの生産活動を終了すること以外に選択肢がないと判断」したという。

その上で、同工場は生産終了に向けた手続きを開始すると書かれている。モスクワの拠点は規模縮小の上で再編成し、顧客へのサービス確保の体制を維持すると伝えられている。

これに先立ち、23日、ロシアのコメルサント紙は、トヨタ自動車がサンクトペテルブルクの自社工場の操業を完全に停止すると報じていた

また同日、ウクライナのゼレンシキー大統領は23日、現在ロシアでビジネスを続けている企業はどのようなものであれ、侵略国を支援していることを意味すると発言していた

なお、ロシアでの自動車生産工場を所有している日本企業は、2月24日のロシアによる対ウクライナ全面的侵攻以降、軒並み工場の稼働を停止している。日産は9月にサンクトペテルブルクにある工場の稼働停止を12月末まで延長すると発表。マツダは5月にウラジオストクの露ソラーズとの合弁工場の生産停止を発表。三菱も4月にロシア工場の稼働停止を発表。いすゞもウリヤノフスク工場の稼働を3月から停止している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-