ウクライナの小麦を載せた貨物船、ジブチに到着 アフリカへの到着は初

ウクライナの小麦を載せた貨物船、ジブチに到着 アフリカへの到着は初

ウクルインフォルム
ウクライナの小麦2万3000トンを積んだ、国連機関のチャーターした貨物船が30日、ジブチに到着した。

ウクライナのインフラ省がフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表によれば、今日、国連世界食糧計画(WFP)のチャーターした貨物船「ブレイヴ・コマンダー」がジブチに到着したとし、同船には2万3000トンの小麦が積載されており、今後さらにエチオピアの消費者に届けられるという。

クブラコウ・インフラ相は、「穀物イニシアティブ署名の瞬間から、私たちは、ウクライナの世界、特にアフリカやアジアの国々に対するグローバルな食糧面の責任を理解してきた。それらの国は、人道危機の際にある。そのため、国連との緊密な協力により、私たちは、エチオピアとイエメンの住民への支援のために農産物5万トン以上を積んだ船を出発させている。私たちは、最大限迅速かつ効果的に、受け入れ、積載、出帆のプロセスを保障している。私たちにとって、そのような輸送は、無条件の優先課題だ。WFPと食糧支援量の増加に向けた作業を続けている」と指摘した。

また同氏は、ブレイヴ・コマンダーは、8月16日にピウデンニー港を出帆した船だと喚起した。

さらに同氏は、30日には、ピウデンニー港から、WFPのチャーターした2隻目の船が出港したとし、同船「カーテリア」には、イエメンの人のための3万7500トンの小麦が積まれていると伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-