ウクライナ文化省、投資誘致プロジェクトを発表

ウクライナ文化省、投資誘致プロジェクトを発表

写真
ウクルインフォルム
ウクライナの文化・情報政策省は、PR会社「WPP」とともに、ウクライナ経済への投資誘致を目的としたプロジェクト「アドバンテージ(長所)・ウクライナ」を開始した。

24日、トカチェンコ文化・情報政策相がテレグラム・チャンネルにて伝えた

トカチェンコ氏は、「ゼレンシキー宇大統領のサポートを受けて、私たちは、『アドバンテージ・ウクライナ』キャンペーンを始めた。目的は、全世界に対して、ウクライナへの投資はもう今すべきだ、そうでなければ乗り遅れるリスクがある、と伝えることにある。9月はじめにも、世界の牽引的企業がウクライナ経済に新たな投資をもたらす、多くの肯定的ニュースが現れるだろう」と書き込んだ。

同氏はまた、同日、同キャンペーンの宣伝が始められ、英国、米国、ドイツでは同プロジェクトの最初の広告が路上や報道媒体にて掲載されたと伝えた。

さらに同氏は、国際社会は戦争に勝った後のことを見るべきだとし、「その時が来るのを待つのではなく、もう今、私たちの平和で繁栄した国家の未来へと貢献すべきなのだ」と強調した。

また同氏は、同キャンペーンには、経済省、デジタル移行省、エネルギー省、農業政策・食糧省などウクライナ政府の関係省庁が参加しており、これらの省が関連の様々な分野への投資を呼びかけていると伝えた。

写真:文化・情報政策省


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-