ドイツは「水素外交局」をウクライナに設置予定=ベーアボック独外相

ドイツは「水素外交局」をウクライナに設置予定=ベーアボック独外相

ウクルインフォルム
ドイツのベーアボック外相は17日、ドイツ政府はウクライナに「水素外交局」を設置する予定だと発言した。

キーウ(キエフ)訪問中のベーアボック独外相がクレーバ宇外相との共同記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ベーアボック氏は、「ドイツ政府は、もうすぐキーウに水素外交局を解説する。それは、具体的プロジェクトをできるだけ早く開始するためだ」と発言した。

また同氏は、今回の訪問の際に、ウクライナ政権高官と水素分野の専門家と会談する予定だと伝えた。

ベーアボック氏は、両国のエネルギー協力は特別なものであり、パリ気候変動サミットの目的達成、エネルギー効率向上、エネルギー主権、エネルギー独立の観点から、中心的な議題であると発言した。同氏は、そのために再生可能エネルギー源の大規模な建設、グリーン水素の利用が必要だと強調した。

同時に同氏は、ロシアがウクライナに対して更なる侵攻を開始した場合の独露間新天然ガスパイプラインプロジェクト「ノルド・ストリーム2」停止の可能性に関する質問2回しては、明確な回答はせず、そのような行動の代償はクレムリンにとって非常に高くなるだろうとのみ発言した。

なお、2020年8月、ドイツ・ウクライナ間の二国間エネルギー・パートナーシップが始められている。

写真:dpa


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-