スペースX社ロケットによるウクライナの衛星「シーチ2−30」の打ち上げ成功

スペースX社ロケットによるウクライナの衛星「シーチ2−30」の打ち上げ成功

写真・動画
ウクルインフォルム
13日、ウクライナの衛星「シーチ2−30」がスペースX社のロケット「ファルコン9」により米ケープカナベル宇宙軍施設第40発射施設(SLC-40)から打ち上げられた。

発射はキーウ(キエフ)時間17時25分、ロケットから衛星の切り離しは18時50分に行われた。

また、ウクライナ大統領府広報室は、ゼレンシキー大統領がオンラインでウクライナの衛星「シーチ2−30」の打ち上げの様子を視聴したことを伝えた

大統領府は、この衛星は「シーチ2」の改良版であり、国営ピウデンネ社をはじめとするウクライナの企業により開発されたものであり、またウクライナの衛星の打ち上げは11年以上ぶりだと説明した。

ゼレンシキー大統領は、「私は、これは私たちの国の宇宙計画の新しい段階のはじまりだと思っている。ウクライナの衛星『シーチ2−30』により、私たちは、パートナーからだけでなく、自らの情報も得られるようになる。それは非常に重要だ」と発言した。

発表にはまた、同衛星は地球上表面のデジタル画像の取得を目的としたものであり、土地利用、農業、林業、地図製作、水資源管理、災害モニター、安全保障・国防、違法行為摘発のために利用が可能だと書かれている。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-