モトール・シーチ社とアントノウ社、9億2000万フリヴニャの契約締結

モトール・シーチ社とアントノウ社、9億2000万フリヴニャの契約締結

ウクルインフォルム
民間の航空機エンジン製造企業「モトール・シーチ」社と国営航空機製造企業「アントノウ」社は、アントノウ社航空機の予備エンジンのための総額9億2000万フリヴニャ(約39億円)の契約を締結した。

ニュースサイト「ディフェンス・エクスプレス」が報じた

報道には、アントノウ社によるモトール・シーチ社への発注契約は、3軸式ターボファンエンジンD-18Tの使用・保存期間の段階的延長を想定したものだと書かれている。

調達情報公開サイト「プロゾッロ」上のデータによれば、契約額は9億2000万フリヴニャ。

アントノウ社は、これにより、An-124-100「ルスラン」とAn-225「ムリーヤ」のエンジンリソース増加を行うとのこと。

なお、アントノウ社は、輸送機ルスラン7機、ムリーヤ1機を保有している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-