宇独経済フォーラム開催 メルケル独首相「ウクライナは投資に値する」

宇独経済フォーラム開催 メルケル独首相「ウクライナは投資に値する」

ウクルインフォルム
メルケル独首相は19日、ドイツはウクライナを巨大な経済潜在能力を持つ重要な貿易パートナーであり、投資に値する国だとみなしていると発言した。

メルケル独首相がベルリンにて開催されている第4回ウクライナ・ドイツ経済フォーラムにて発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

メルケル首相は、「ウクライナは、重要な投資パートナーであり、投資が向かうに値する場所でもある。私たちはそのことを評価している。2000のドイツ企業と、その代表部が現在ウクライナにて活発に活動している」と発言した。

メルケル首相はまた、ウクライナにて、「投資家により多くの保証を与え、彼らの投資を保護する」法律が採択されてきたことを歓迎した。

首相は、「ウクライナには、高い技術を持つ人材が産業界にいる。特に、自動車・航空機製造だ。それに、農業分野もだ。また、ITの役割も大きくなってきている」と発言した。

また首相は、ドイツとウクライナの貿易量は、2019年に77億ユーロまで上っていたと指摘。コロナ危機により予定の大半が止まったが、「ワクチン接種が進むことで」今後、貿易量増加のテンポを高められるだろうとの確信を示した。

メルケル首相は、ウクライナの改革実現に進展があると述べつつも「いくつかの行動をまだしなければならない」とし、汚職との闘い、裁判改革、土地改革の実現が必要だと指摘した。

首相はまた、「私たちの国の間のパートナーシップは、長らく存在しており、それは経済に限定されない。ドイツは、ウクライナの最大のパートナー国の一つである。私たちは、ウクライナの領土一体性保護を堅固に支持している。私たちにとって重要なことは、欧州連合(EU)が7年前のクリミア違法併合に適切に対応したことだ」と発煙した。

首相は、ロシアによるクリミア占領へのEUの対応は「一義的で断固としたもの」であると述べ、「その対応は、今後のそのままだ」と強調した。

さらに首相は、ドイツがウクライナの負傷軍人110名以上の治療を行ったことを喚起した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-