IMFミッション、ウクライナでの調査終了 融資プログラム・レビューは終わらず

IMFミッション、ウクライナでの調査終了 融資プログラム・レビューは終わらず

ウクルインフォルム
12日、国際通貨基金(IMF)ミッションがウクライナにおける調査活動を終了した。しかし、ミッションは、次期トランシュのために必要となる、現在適用されているスタンドバイ・プログラムのレビューを行わなかった。

ヨスタ・リュングマンIMFウクライナ事務所長がウクルインフォルムにコメントした。

リュングマン事務所長は、IMFミッションが2020年12月21日~23日、2021年1月11日~12日にウクライナ政権代表者とともに、合意済みのスタンドバイ・プログラムの一部である改革実行状況について協議を行なったと述べた。

そして事務所長は、協議の焦点となったのは、中央銀行のコントロール強化、中期的赤字の縮小を目的とする銀行監査・金融健全化の法的・規制面の根拠の改善、汚職対策・裁判機構の回復・強化に関わる法整備、エネルギー分野の方策であったと伝えた。

その上で、事務所長は、「議論は建設的であったが、プログラムの一回目のレビューを終わらせるためには、さらなる進展が必要だ。議論は続いている」と伝えた。

また、シュミハリ首相は13日、フェイスブック・アカウントにて、IMFの調査終了につきコメントした

シュミハリ首相は、「IMFとの建設的協力を続けている。政府を代表して、私は甚大な活動を行ったIMFミッションのチームに感謝したい。結果として、私たちは、次の行動に合意し、その実現期間を議論した。私たちは、期待されている結果を明確に理解している」と強調した。

シュミハリ首相は、具体的には、汚職対策法制、エネルギー、金融部門の発展、金融部門の更なる統合だと述べ、これら全ての問題について政府は、スタンドバイ・プログラムにもとづいたトランシュ受け取りに必要な変革について明確な視点を有していると書き込んだ。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-