米新政権はノルド・ストリーム2制裁を解除しない=米国務省回答

米新政権はノルド・ストリーム2制裁を解除しない=米国務省回答

ウクルインフォルム
米国は、欧州の集団エネルギー安全保障の維持に関心を持っており、独露間新天然ガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」を完成させようとするもの、あるいは認証を行おうとするものに対する制裁を発動する権利を維持する。

ウクルインフォルム特派員の問い合わせに対する米国務省の報道官からの公式回答に書かれている。

ウクルインフォルムが、西側報道機関による米国がノルド・ストリーム2制裁を解除する可能性について報じていることにつき問い合わせたところ、国務省は、「バイデン大統領が明確に述べたように、パイプライン『ノルド・ストリーム2』は、悪い合意である」と回答した。

続けて、同回答には、米国は同盟国・パートナー国と作業を続けているとし、「欧州にとって理想的で多元的なエネルギー供給ネットワークを確保することが目的だ」と指摘されている。

さらに国務省は、「私たちは、同パイプラインの完成や承認といった行動をフォローしていくし、そのような行動があれば、制裁発動の可能性に関する決定を採択する」と指摘した。

これに先立ち、1日、ドイツの経済紙ハンデルスブラットが、米政府がノルド・ストリーム2に対する制裁を停止する可能性を議論する準備があるとの「シグナルを示した」と報じていた。同紙は、米政権関係者の発言であるとしつつ、ドイツ側は同議論のために欧州のエネルギー安全保障保護とウクライナの国益のための決定パッケージを提案しなければならないと伝えていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-